スポンサーサイト

  • 2011.09.18 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    痛いのか?りっちゃん。(追記アリ)

    • 2011.07.16 Saturday
    • 21:05
    JUGEMテーマ:イタグレ 

    (※7/18追記アリます)



    というわけで、うちのハイパー印・りっちゃんの病院に行ってきたハナシ。
    文字ばっかりであんまり楽しいハナシじゃないかもしれません。
    でも、うちのコたちの記録なので忘れないうちに書いておこうと思います。

    スノ山に遊びに行ったとき、初めはふつうに遊んでいたりっさんでしたが、
    帰る頃には足をかばうような仕草が見られました。
    以前ハンコツエンと診断された時ほどではなかったものの、
    週末に楽しい予定が待っているので不安材料はない方が良いと病院へ向かいました。

    車中でいろいろ考えて、今回は外科に強いと評判の病院へ初めて行ってみることに。

    結果から言うと…
    右後ろ足の筋肉に若干の痩せが見られることや触診、レントゲン等を総合して
    軽度のレッグペルテスの可能性もしくは、骨盤形成不全が考えられるということでした。
    それに加えて、腰椎の不安定も見られるそう…。

    (以下レントゲン写真追記部分です。)



    ○が付いているのが異常所見。素人目にはイマイチ違いが分からない。。。



    拡大図。
    大腿骨のカタチが左足(向かって右側)に比べるとカーブが滑らかじゃないのが何となく分かる感じ?
    骨盤の方も少し炎症反応が見られるみたい。



    腰。
    骨盤との隙間が多少広い?

    ご覧のように足も腰も微妙に異常が見られるような状態ではっきり断言はできないみたい。
    見立てが正しかったとしても初期の初期で、現時点では手術をするメリットの方が少ないそうです。

    レッグペルテスは簡単に言うと、何らかの原因で大腿骨に血を送っている血管の血流が阻害されて
    部分的に大腿骨が骨粗鬆症のような状態になり、骨盤と当たることで脆くなった骨がくだけてしまう病気。
    これに関しては、ぷーこ(JRT)が同じ病院で手術してすっかり元気になっていることや
    イタわらでもメンバーのコが克服した記事を読んでいたので、
    将来的に手術をしなくてはいけなくなるかもしれないけど不安はあまりありません。

    気になるのは腰の方で、将来的にヘルニアや神経を傷つけたりしないように注意しなくてはっ!
    今までのようにソファに飛び乗ったりカンフースターばりの3Dの動きを制限しなくちゃいけないね。
    とりあえずはグルコサミンを増やす注射を1ヶ月間(1週間に1本)打って様子を見ることに。
    加えて、2週間のケージレストを言い渡されました。

    これからどうなっていくか分からない不安もあるし、
    運動能力の高いりっちゃんが思う存分走り回れなくなるかもしれないことの辛さはあるけど
    早めに気づいたことで、痛みは最小限にしてあげられるだろうし、今まで以上に予防もできるので
    それほどショックは大きくありません。…ないと言ったらウソになるけどね。

    もしかしたら最近ひっぱらなくなったのも、遊んでる時にすぐにゴロンゴロンと転がるのも
    散歩中に疲れてくると私のカオを見上げるのも、全部全部イタイヨってアピールだったのかもしれないね。
    そう思うと涙ぐんじゃうんだけど、今回のことで今までの生活を見直す良い機会になりました。
    それと同時に、喋ることのできない愛犬の不調には「なんでもないかもしれない」と思っても
    自己判断するんじゃなくて、獣医さんに相談してみることが大切だなと改めて思いました。

    週末のお楽しみにはりっちゃんは参加できなくなっちゃったけど、
    これまたGさんが行けなくなったので一緒にお留守番してもらおうと思います。

    最後に…りっちゃんは本当に本当にすっごく元気だから心配ご無用ですよ〜。
    これからもみんなで笑っていろんなことを乗り越えていこうと思います!
    抱えきれない時はぶつぶつ弱音を吐くと思うので、その時はショウガナイヤツメと支えて頂けると嬉しいデス。
    長々と要領を得ない文章になっちゃったけど読んでくれてありがとうございました。



    術後の経過とランへ復帰。

    • 2011.06.20 Monday
    • 07:34
    JUGEMテーマ:わんこ
     


    キレるだけの元気があるキャンさん、術後の傷の様子を見せに病院へ。



    り「キャンちゃんは問題なし!遊ぶのもOKだって〜!」

    最近2ワンともお腹の調子が悪かったからなのか、キャンさんの体重は4.18kgに減っちゃってました。
    チッコした後だったので、0.05ぐらいはひらきがあるらしいので実際はそれほど減ってもないかな?

    ちなみに、りっちゃんは6.3kg。
    …りっちゃんもウンチョスユルいし、チッコもしたはずなのに増えてる…アリリ??
    まだ成長してる??見た目はシュッとしてきたのにな〜。。。



    ランも解禁になったので、病院の近くにあるプチラン付きカフェへ〜。
    キャンさん久しぶりのランでどうして良いかわからずポツンとしてることが多かったなぁ〜。



    そうこうしてるとお友達が来たよ。
    誰かわかる?後ろに写ってるコもヒントになるかな?

    実は…



    ジャ〜ン!ケアンテリアのぷらちなでした〜♪
    ってことで、後ろに写ってたのはヨーキーのちたんだね☆

    ぷらちなはサマーカットでライオンカットしたら実はブリンドルだったという衝撃的事実(笑)。
    カオの毛まで短くしたら虎っぽくなったのかな?すごく似合ってたよ〜!

    ちたんはウリ坊カット。こちらも小さいちーちゃんに似合ってたよ。

    この後、お写真ないんだけどコジローくんがやってきて、
    イケメンのお父さんにキャンさんがベッタリウットリ(´-`).。oO(オンナやねぇ。。。

    で、またまた誰かやってきたと思ったら…



    dicoちゃんでした〜♪
    りっちゃんは覚えてたみたいで大興奮!動きが速すぎてブレブレ写真しか撮れなかった。。。

    思いがけず沢山のお友達に会えてキャンさんもりっさんも楽しかったみたい。
    遊んでくれたみなさまありがとうございました〜♪




    家でもカフェ気分。

    キャノン避妊手術決行。

    • 2011.06.14 Tuesday
    • 11:17
     

    長らくひっぱってきたキャンさんのヒート&避妊手術ネタですが、いよいよ完結であります。

    先日の術前検査で肝臓の値がひっかかっちゃったキャンさんですが、
    1週間の投薬でGPTの数値が244から162に下がって(正常値は17〜78)
    若干まだ高いけど、これなら手術をしても差し支えないでしょうとGOがでました。

    GPTの値は女性ホルモンの分解をする時にも高くなるらしいので
    (先生がおっしゃったことを私なりに解釈したことなので間違ってるかもしれませんが)
    12月の検査結果では正常値だったことから、今回はヒートが関係した上昇だと思われます。

    そして、いよいよ手術当日。
    自分が開腹手術を経験してることや、麻酔のリスク、最悪の事態など
    いろんなことが頭をぐーるぐるっとかけめぐって引き渡しの時には思わず涙が。。。
    肝臓の値が正常値を超えていることもあって、不安はあったのですが、先生が

    「“もしも”をなくす為の術前検査でいろいろ調べてますし、
    麻酔の量もきちんとコントロールしますから、心配ないですよ。
    きっと想像されてるよりずっと元気に戻ってきますから」

    と仰った言葉を信じてお願いしました。
    毎日のように手術をされてる先生からしたら大げさだと思われたかもしれませんが(苦笑)。

    手術は日帰りで夕方までヒトリモンモンと過ごすことに堪えられなかったので
    キミちゃん(PKのかあちゃん)に助けを求めて一緒に時間をつぶしてもらう。。。
    りっちゃんも連れてカフェでお茶してたらあっという間に時間は過ぎて。。。
    本当にありがたかった〜。

    4時半に電話したらもう覚醒してるとのことで、みんなでお迎え。


    飼い主に目もくれずキミちゃんに抱っこをせがんだキャンさん。。。
    良いんだよ。。。元気で帰ってきてくれたから。。。うん。。。。

    キャンさんは先生が仰ったとおり、予想より遥かに元気で
    目もぱちっと開けてエリカラもなく普通に診察台で待ってました。
    拍子抜け。そして安堵感。

    先生から説明がある間、あまりに自然にキミちゃんが抱っこしてるので
    先生も私じゃなくてキミちゃんの方見て説明し出すし(笑)。

    先週は歯石除去したこあさクンのお迎えに私がついていって、
    今週はキャンさんのお迎えにキミちゃんがついてきてくれる。
    どんだけ犬好きな〜ん!と言いながら笑って帰ってきました。

    ツイッターでもみんなが応援してくれていて、良い友人に恵まれて
    私もキャンさんも本当にシアワセモノです!
    ありがとう!

    手術の説明は続きにあります。
    傷口画像とかあるので、平気な人はごらんください。


    続きを読む >>

    キャンさんの術前検査。

    • 2011.06.06 Monday
    • 13:12
     JUGEMテーマ:わんこ


    キャンです。りっちゃんのとばっちり受けて病院に連れて行かれたよ。

    ヒートの件もあって、術前検査してもらう為にキャンさんも病院へ行ってきました。



    いろんな犬がいて興味津々、どんどこテンション上がってきたりっさん。



    それにひきかえ、キャンさんは何かを察してテンションがた落ち、固まりィーヌ。

    まずは仰向けになってエコーで子宮と卵巣の大きさを確認。問題無し。

    血液検査用に採血。血が出にくくて二箇所もチックンされちゃったね〜。

    結果を待ってる間に心電図。・・・心肥大って出ちゃったね〜(´・_・`)
    そこでレントゲンを撮って確認してみることに。



    正面と側面両方撮ってもらったんだけど、どちらを見ても問題無し。
    正常サイズらしいです。
    イタグレみたいに胸郭が狭くて深い犬種は横にぶつかって心電図に出ちゃうことがあるみたい。
    とりあえず一安心。

    あとは血液検査なんですが…
    出ちゃいました(x_x)。肝機能の異常を示すGPT(正常値は17〜78)が244!
    12月に検査した時は正常値だったので、一時的な可能性も高く
    お薬を1週間服用して様子をみることになりました。



    お薬が効いたら今月中に手術決行です。
    それはそれで心配ですが、とりあえずは体調を整えることが一番ですもんね。
    ううう(涙)。頑張るんだぞ〜。


    キモイ君が楽天にもあったよ!

    六花のビッコ。

    • 2011.06.04 Saturday
    • 16:41
    JUGEMテーマ:わんこ



    うちの怪獣りっちゃん。
    昨日ちょいとばかし長い散歩をして帰ってきたところ、
    しばらくして後ろ足が思うように動かない状態に!

    実は少し前にも同じようなことがあって、その時は肉球の腫れが原因ではないかとの診断で
    お薬をもらって帰ってきたんです。

    今回も肉球かと思いきや、どうも違うみたいで力が入りにくいカンジ。
    もしかして麻痺かも!と一人焦る飼い主。
    caerupanさんに教えてもらった反射テストをしてみると、反射機能はあるようだったので
    麻痺じゃないと自分に言い聞かせて、朝イチで病院へ駆け込みました。

    今回は院長先生が診てくださって、一通り触診をした後、
    「ハンコツエンの疑いがあるのでレントゲンを撮りましょう!」
    と言われ、そのままレントゲンを撮ることに。

    待ち合いで待ってる間にググってみると…

    汎骨炎(ハンコツエン):成長過程の大型犬に多くみられる骨の病気…とな。

    ん?・・・大型犬???

    そうこうしてると診察室に呼ばれ…



    丸く囲んだところが上の骨に比べ白くぼや〜っとしてるのが分かるでしょうか?

    骨の内部が炎症してるとこういうふうに写るらしく、他の関節等に異常がないこと
    反射機能に問題がないこと(caerupanさんに教えてもらった通りのテストだったよ)から
    ほぼ、間違いなく、汎骨炎でしょう!と。

    汎骨炎は急激な成長に伴い起きるらしく、症状としてはビッコや痛み。
    これらは時に別の脚に飛び火するように移動することもあるらしい。
    発症から収束までは4段階のステージがあって(だいたい1ステージ2週間前後)、
    りっちゃんは状態から判断するに、3段階目ってところらしい。

    なので、前回のビッコも汎骨炎だったんだろうな。
    そういえば、最近後ろ足のスネを齧ってることがあったなぁ。
    違和感あったんやね。気づいてあげなくてごめんよ(´・_・`)。

    この病気、原因は特定は出来ないけれど、
    大型犬や骨がグググッと伸びるような犬種にみられるらしい。
    (´-`).。oO(りっさんどこまでデカくなる気だい?

    特に何も治療しなくても時がきたらケロッと治るらしいけど、
    いつまでも痛いのもかわいそうなので消炎のお薬をもらって帰ってきました。



    ちなみにりっさんの折れたシッポもバッチシ写っておったよ。



    余談ですが…
    今回の治療費合計は23,410円。
    (診察料、レントゲン3枚、キャンさんの避妊手術の術前検査とエコー診察料・薬も含む)
    ここから保険適用割引分が16,387円で、実際に払った金額は7,023円ナリ。

    キャンさんの避妊手術は治療の一環ということで保険適用されるようなので
    本当に保険に入っていて良かったなぁと思った一日でした。。。

    キャンさんの避妊手術に関してはまた後日。。。


    りっちゃん目にポッチができる。

    • 2011.05.27 Friday
    • 14:35
     

    ある日突然りっちゃんの目の際にボッチができました。
    翌日には写真くらいの大きさになり病院へ。


    先生が言うには目のまわりにあるマイボーム腺の炎症じゃないか
    ということで眼軟膏を処方してもらいました。
    人間でいうところのモノモライみたいなモノらしい。。。

    りっさんは気にして掻いたりはしないのでストレスはないみたいだけど
    掻いたりするコは眼球傷ついたりすることもあるらしいから気をつけないとね。

    ネットには、蒸しタオルで目のまわりを暖めたりすると良いって書いてあったけど
    暴れん坊将軍のりっさんには無理だろうなぁ。。。
    薬が効いてくれると良いけど。


    足イタイ?

    • 2011.05.16 Monday
    • 09:30
     

    土曜日、留守番中にGさんが散歩に連れてってくれてたのでわりと大人しくオモチャで遊んでたりっさん。

    夕方の散歩に行こうと思ったらどうもビッコひいてるようで病院へ。
    関節も動くし、腫れてもいないから大丈夫だろうとは思ったんだけど足を着くの嫌がってる感じ。


    病院へ行く車中。飼い主達の心配をよそに元気ハツラツオモチャで遊んでる。。。

    結局、病院でもコレといったものは見つからず、
    肉球が若干腫れてることと、最近、手足を舐めてることから
    炎症を抑える薬を処方してもらって帰ってきました。

    いまだにちょっと足あげたりはするけどだんだん良くなってる感じ。
    ツイッターで心配してくださったみなさんありがとうございました!


    翌日には多少ビッコ気味ではあるけどテクテク歩けるほどに回復してたよ。


    愛用のボトルキャップの柄がモゲタ。。。


    病院行ってきたよ。

    • 2011.04.11 Monday
    • 22:16
     

    最近キャンさんのンコの状態が安定しないので病院へ行ってきたよ。
    ついでにフィラリアとフロントラインももらうためにりっちゃんも一緒だよ。

    りーはムキムキ大きくなって5.5キロだったの。

    家の体重計では5.7キロだった事もあるんだけど、昨日絶食デーだったから痩せたのかな?
    フィラリアの薬が5.6キロからランクアップするのでりっちゃんは1ヶ月分だけ。
    また来月病院で体重計ってもらうんだけど、きっとランクアップだろうな。。。


    で、キャンさん。
    今食べてるオリジンのアダルトは1週間に一度絶食デーをもうけなきゃダメなんだけど
    絶食デーがくる前にPになることが増えてきたし、
    グリーングレイン食べてた時にMAX4.8kgだった体重も、今日計ったら4.2kgに!
    ガリガリだよ。。。
    体重増やそうと思っても、フード増やしたらPになるし…と悪循環。。。

    で、ンコ検査してもらった結果は悪いものはなかったらしいので、やっぱりフードが原因かな〜と言われました。
    とりあえず今日は下痢止めの注射とお薬処方されて帰ってきたよ。。。

    フード自体は悪くなさそうなので、あーさんに教えてもらったサプリを飲んで様子見てみるつもり。
    それにしても…キャンさんに「コレだ!」と思えるフードに出会えないなぁ。。。



    腸内環境を整えてみるよ。


    ゴーヤキャノン。

    • 2010.08.23 Monday
    • 21:47
     

    キャンね〜、最近ちぃっと憂鬱ねん。

    というのも、ようやくハゲが治って病院通いともオサラバできたと思ってた矢先
    キャンさんの身体にブツブツが・・・。


    腰回りから側面にかけてブツブツしとります。
    いつもの膿皮症だとほっといたらどんどん増えてきて。。。


    なんてぇ〜の?まるでゴーヤみたいに表面がボコボコしてきちゃって
    しまいにゃ痒がる素振りまでし始めたので病院へ行ってきました。

    診断はやっぱり膿皮症ってことで、抗生物質と抗ヒスタミン剤を処方されました。
    一週間経った今は結構きれいになってきたのでご心配なく〜。

    ふぁ〜あ、せっかくのベッピンが台無しやわ。

    それにしても毎年毎年膿皮症に悩まされるけど予防法とかはないんかね?
    短毛だから膿皮症になるのか、短毛だから気付きやすいのか…。






    ゴーヤだってジュースにできるんだじぇ。

    乳搾り。

    • 2009.11.30 Monday
    • 20:13

    こってり搾られまちた。

    昨日に引き続き今日も病院ネタで恐縮なんですが…キャンさん、乳搾られました。。。


    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM